スタッフブログ

50代の方必見!定年後も夫婦二人が仲良く暮らせる3つの秘訣

50代のプレ定年世代の方は、お子さまも大きくなり、
夫婦二人だけで長い時間を一緒に過ごす生活がすぐそこまで迫っています。
とはいえ、いきなり「なんでも一緒に」は難しそう…。
ずっと一緒にいるのがストレスにならないだろうか、と心配する声も聞こえてきます。
それぞれが好きな時間を楽しめて、無理なく過ごせる住まいにするにはどんなことに気を付ければよいのでしょうか。
今回は、お互いの好みを尊重しながらいつまでも仲良く暮らせる住まいの秘訣を探ります。

 

秘訣その① 家事シェアしやすい家づくり

若い世代では当たり前になりつつある家事シェア。
しかし、プレ定年世代では、「家事は女性がするもの」という意識がまだ根強くあります。
そんな世代の夫が、定年退職して気になるのが「昼食問題」。

定年後の昼食問題

夫が料理に挑戦しやすいキッチンづくりができれば暮らしのストレスは少なくなるはず。

例えば、マルチワイドIHを採用したキッチンなら二人並んでゆったり料理が楽しめます。

マルチワイドIH

 

また、いざ料理をしていても調味料やお鍋がどこにあるかわからず
「○○はどこ?」「△△は?」と妻の手を煩わせる。
そんなお悩みを解決するには、誰でもすぐに使えるよう、たっぷりしまえて探しやすい収納がおすすめ。

Lクラスキッチン スタンドイン収納
「一目ですぐ見つかる」「ラクに取り出せる」「スムーズにしまえる」パナソニックのLクラススタンドイン収納

料理に限らず、お風呂やトイレなども
汚れが付きにくくお掃除しやすい設備で
家事シェアを無理なく簡単にする工夫が大切です。

 

 

秘訣その2 趣味部屋で自分時間を満喫 

休日に3時間以上夫婦別のことをしている方の割合

50代以上では「休日に夫婦がそれぞれ別のことをしている時間」を「3時間以上」と答えている方が7割を超えています。
年齢が高くなるほど「夫婦別行動が顕著」になっています。
夫婦で好きなことがちがうのは当たり前。
自由な時間が増えれば、夫婦それぞれの “好き” の違いはもっとはっきりしてきます。

お子さまの独立で使わなくなった空き部屋をご夫婦それぞれのこだわりの趣味部屋にするのはいかがでしょう。
部屋のイメージに合わないから、と隅に追いやられていた旦那様のコレクションも気兼ねなく飾れますよ。

時にはそれぞれの「好き」を楽しみ、時には二人で向き合う時間を楽しむ、そんな暮らし方が可能になります。

 

秘訣その3 健康的な生活と適度な運動

健康重視

年齢を重ねるにつれて健康状況が幸福感を判断するうえで重視されています。

アクティブに夫婦で趣味を楽しむためにも、健康的な環境づくりはとても重要です。
生活習慣の中に無理せず体調管理ができる機能や工夫を採りこみましょう。

 

たとえば、ご自宅に運動できるスペースを確保すれば
天候にかかわりなく、テレビを見ながらなど気軽に取り組めるので、長続きしやすくなります。


また、トイレの使用状況で体調の変化を知るシステムで毎日のトイレを健康維持に役立てることも可能です。

アラウーノL150 アラウーノアプリ

アラウーノL150シリーズ(アラウーノアプリ対応)

 

 

 

いかがでしたか?
今回は定年後も夫婦二人が仲良く暮らせる3つの秘訣をご紹介しました。
定年直前や設備の交換時期になって慌てないよう、事前の準備が大切です。
この機会にいつまでもお二人らしく仲良く暮らせる住まいづくりを考えてみてくださいね。

 

Panasonicリフォームclubでは、
“50代からのふたり暮らしリフォーム「フタリフォ」”の参考プランを
約150種も用意しています。

 

WEBで8つの簡単な項目にお答えいただくだけで、
インテリアや暮らし方のお客様の志向を診断。
あなたにピッタリな参考プランを
これからのふたり暮らしを考えるヒントとして、メールでお届けします!

 

\診断は無料です!! ぜひお試しください!!/

*******************************************************

★詳しくは、下記をチェックしてみてください。

フタリフォロゴ アイコン 👈クリック

 

 

 

 

 

 

 

ページトップへ戻る