大規模リノベーション 基礎工事

kiso

PanasonicリフォームClubリファインひばりが丘で施工している大規模リノベーションの現場です。
基礎工事を行っています。

耐震補強を行いながら工事を進めている現場です。
基礎工事は一部であってもとても重要な工事です。

まずは地業です。
転圧し、機械を使い固めていきます。

この段階で設備配管(排水、給水)などは先行して行われていることが写真からも分かります。

 

sutekon

『捨てコン』と我々が呼ぶ作業です。『均しコン』とも呼びます。


墨出を行ったり、鉄筋や型枠を正確に組むために先行してコンクリートを打設します。
このコンクリートには構造上の強度を求めていないことから、捨てコンクリート、略して捨てコンとも呼ばれます。

型枠を組む予定の所だけが綺麗にならされていることが写真から分かります。

 

tekkinn

 

tekkinn2

次に鉄筋工事。
仕様に合わせた径(太さ)の鉄筋を指定のピッチ(間隔)で組み上げます。

綺麗に施工されていることが分かります。

鉄筋の下にコンクリートの箱みたいなものが見えます。分かりますか?
これは『サイコロ』と呼ばれるもので、コンクリートを施工する際に、鉄筋が適切な位置に設置されるようにするものです。

 

 

base

tatiagari

ベース(床)部分のコンクリートを打設。
その後に立ち上がり部分のコンクリートを打設。

これらの工程を経て基礎工事が進んでいきます。

 

 

wakukaitai

基礎工事が完成です。
多くの工程を経て、工事が行われることが写真でもお分かり頂けると思います。

まだ乾燥していない基礎コンクリートは写真のような色をしています。
これから乾燥と共に強度が高まります。

寒い時期の工事なので、しっかりと強度が出るように養生を行います。

 

ページトップへ戻る