施工例紹介

新築 外観写真NEW

【新築】自然素材が街の風景に溶け込む住まい

光に包まれた和モダンな家

【建物・築年数】:戸建
【改装規模】:新築

【お施主様の想い】
1.明るく開放的で光や風を十分に取り入れた住まい。
2.周辺環境や地域との調和を図りつつ、居住者に心理的な快適さと健康、安心を提案する住居計画・空間デザイン。
3.家族構成の将来的な変動に臨機応変に対応できるプラン。
4.都市生活において、家族間や近隣との豊かな人間関係を産むような住空間の新しい提案。
5.  長期間の使用に耐える持続可能性を備え、建設時から運用、解体までのライフスタイルを通じて環境負荷を低減するような素材、工法の選択。

【私たちからのご提案】

・こだわりその1
  閑静な住宅地の中で街の風景に溶け込むよう、外壁は南洋材の天然木貼りと漆喰塗りで構成させ、和の懐かしさを感じさせつつ、水平・垂直ラインを強調したシンプルなデザインとなっている。

・こだわりその2
 内部は2層吹き抜けのエントランスホールを家の中心に配置し、取り囲むように各部屋を配置した。吹き抜け周りの2階の壁をガラス建具にすることで、お互いの視線が交差しあい、空間の広がりを感じさせつつ、家族の気配が常に感じられる空間となることを意図した。

・こだわりその3
 南面のハイサイドサッシからの自然光がリビングを通し、吹き抜け周りのガラス越しに北側1階の玄関まで入り込ませることで、光に満ちた明るいエントランスホールとなった。

・こだわりその4
 断熱性能設計として、外通気工法を採用するとともに、断熱等級4(次世代省エネルギー基準)を確保し、かつ最上階の天井面は屋根面からの遮熱を考慮し、屋根面と天井裏の2重に断熱材を敷き詰めている。開口部のペアガラスと合わせ、高い断熱性能を実現している。
 また、ガス式温水床暖房を採用することで、体に優しくあたたかな住環境となっている。建物の長期的な持続性に関しては、「耐震等級3」※1とし構造設計を行っている。耐久性、メンテナンス性を考慮し劣化対策等級についても「等級3」を確保する仕様となっている。

 

※1 耐震等級3は、建築基準法の耐震性能を満たす水準である耐震等級1の1.5倍の地震力に耐えられるだけの性能・耐震強度水準です。住宅性能表示制度で定められた耐震性の中でも最も高いレベルです。

  • AFTER
    新築 テラスから室内
  • AFTER
    新築 エントランスホール
  • AFTER
    リビングを囲む南面ハイサイドサッシと吹き抜け2階窓
ページトップへ戻る